ペットに関する病気とは?

ペットホテルって使ったことないけど、どんなとこ?

単身世帯で犬や猫と生活している場合には、数日以上の出張を命じられたり、家族旅行や冠婚葬祭などで自宅を1日以上あけざるをえなかったりするときに、不在期間中の世話をどのようにするのかという大きな問題に直面することになります。
そのようなときに利用すると便利なのがペットホテルになります。
なかには動物病院に併設されていることもあり、体調面での不安を抱えているときにも安心して預けることができます。
またペットホテルがトリミングも取扱っている場合もあります。
犬や猫を飼っている方で、冠婚葬祭や長期出張・家族旅行の折などに安心で役立つペットホテルの特徴や予約の取り方・料金の相場などについてご紹介しましょう。

そもそもペットホテルとはそのものずばりペットのための宿泊施設のことです。
主に犬や猫を取扱っていますが、最近ではうさぎなどを取扱っているホテルも増えているようです。
日帰りから利用できる場合もあり、2日以上の長期プランも用意されています。
ペットホテルには動物病院に併設されているものと、ペットサロンなどが併設されているものに大別できます。

動物病院に併設されている場合には、宿泊中の体調の異変にも獣医師が対処してくれるので安心ですが、宿泊施設はゲージ内になっていることが多いので基本的にゲージ内部で宿泊期間中は過ごすことになります。
病院スタッフは多忙なのでペットにかまってくる時間もなく、犬の散歩などもあくまで用便を済ませる為の短時間に止まることが多いようです。

ペットサロンが併設しているペットホテルでは、ケージのサイズを選ぶことができたり、ゲージフリーで過ごせるようになっているなどペットが快適に過ごせるように配慮されています。
犬の散歩などの時間も相応にとられていることも多く、放置されるストレスなどが出ないように配慮されているのもメリットです。
とは言っても散歩などの詳細は施設によって異なるので予約の際には内容や料金なども確認する必要があります。
トリマーが在籍していることも多いので宿泊のついでにトリミングなどをお願いできる場合もあります。
反面ペットサロンなので体調不良が生じても獣医師に対応してもらうことができないデメリットにも注意が必要です。

ペットホテルの料金相場ですが、1泊あたり小型犬で3000円ほど中型犬で4000円・大型犬で5000円ほどになっています。
猫やうさぎなどは取り扱いも含めて予約の際に料金なども問い合わせることになるでしょう。
急な出張や旅行の折などに便利なペットホテルですが、選ぶときのひとつのポイントは動物取扱業の登録の有無を確認することです。
動物管理のための研修などを受けている証明でもあるので、予約のときに遠慮なく確認するのをお勧めします。