ペットに関する病気とは?

犬が異常行動!?その原因と治し方

今にもかみつきそうな犬

犬を飼っているとしっぽに向かって噛み付こうと回転運動をしたり、特定の身体の箇所を繰り返しなめるなどの異常行動を目にすることは無いでしょうか。
一見すると滑稽に見えるので「勝手に遊んでいるのかだろう」と放置されていることもよくありますが、実は強迫神経症などの精神面での原因が関与していることが珍しくありません。
犬にしてみれば無意識に行っているようにみえますが、同じ箇所をなめることを繰り返すとその部分にキズができたり、過剰な湿度の影響で感染性皮膚炎などの二次感染症の引き金になってしまうリスクが存在しています。
同じ場所をうろうろする、しっぽに噛み付こうとするなどの自傷行為には注意が必要です。
ここでは、犬が無意識のうちに行っている自傷行為やうろうろするなどの異常行動の原因や治し方・注意点などを強迫神経症を中心にご紹介します。

強迫神経症は人にも良く見られる精神面での疾患の一種で、犬が発症すると同じ行動を繰り返すなどの問題行動が観察されるようになります。
犬の場合には「常同障害」との固有名が冠されているほどで比較的良く発症するようです。

尻尾や足を噛んだり、同じ場所をなめ続けて皮膚炎を発症する・同じ場所をうろうろ動き回っているなどが典型的な症状です。
強迫神経症の発症する原因には何らかの不安やストレスなどと推定されています。
例えば引越しで居住環境が大きく変わった、後輩の犬や猫を新たに迎えたなどです。
飼い主さんとのスキンシップが不足するとストレスや不安が解消されないため、強迫神経症になるリスクも指摘されています。
また散歩をしないなどの運動不足や病気や怪我による慢性的な痛みなども関係している場合もあるようです。

強迫神経症の治し方ですが、原因を突き止めることからはじまります。
ヘルニアなどの慢性的な痛みを伴う器質的疾患にかかっていれば、原因疾患の治療が必要です。
全身状態の確認のためには一度動物病院を受診して病気の有無等を確認することが先決です。
仮に明白な疾患などがないことが判明すれば獣医師のアドバイスなども受けながら改善に取り組みことになります。

不安やストレスが原因のようであればスキンシップのあり方を見直すことが必要になるでしょう。
運動不足などが関係しているようなら屋内でも運動につながるおもちゃを用意するなども対策になります。
これらの対策によっても芳しい改善が見られない場合には、最近ではクロミブラミンといった薬を使用することもあります。